« 8月6日に念ず | メイン | 〔所感〕南京問題と売春婦について »

2014年9月 2日 (火)

今日は何の日 「9月2日」

大東亜戦争において、未だ決戦をしてなかった我が大日本帝国陸軍では、時の陸軍大臣阿南大将をはじめ、終戦など考えもせず本土決戦を準備中であった。然し御聖断が下された為従う他無く、大臣は割腹され、十数時間苦しまれて死去された。我々若い将校も呆然自失し、そのあとは種々あったが、結局死ななかった。
そして今日90歳も越えて尚も生きている。

実際の終戦は、戦闘中止の8月15日ではなく昭和20年の本日である。

時の米国トルーマン大統領の出身地はミズリー洲であったので、降伏調印式にはわざわざ戦艦「ミズリー号」を東京湾に呼び寄せ、その艦上で行われたのである。更に江戸末期に日本に開国を迫ったペルー提督の旗艦に掲揚されていた『星条旗』を保管先の博物館からわざわざ運ばせて、「ミズリー号」艦橋に掲げさせるという念の入れ様であった。

連合国側は米国(マッカーサー大将、ニミッツ海軍大将以下)・英国・フランス・オランダ・中華民国(中共では無い)・カナダ・ソビエト(今のロシヤに近い)・オーストラリア・ニュージーランドの各国代表が出席し、日本側からは日本政府全権大使・重光葵外務大臣(隻脚の)・大日本帝国大本営全権梅津参謀総長陸軍大将(丸腰である)以下が並んだ。

勿論日の丸はどこも見られないし、帝国陸軍正規服装から軍刀を外すという等々正に屈辱そのものであったので、列席の日本人の胸中いかばかりならん。
調印後、マッカーサー大将は演説を行ったが得意の絶頂であったろう。

戦後69年となる今日改めて当時を思い起こし、我々日本人は決して未来永劫にこの日と、調印式のこの光景とを忘れてはならないのだ。


Photo

 昭和20年9月2日ミズーリ艦上で降服文書の調印式が行われた。写真は調印する重光日本政府代表、前方後向はマッカーサー連合国最高司令官。

Photo_2

 東京湾停泊中の戦艦ミズーリ号


コメント

コメントを投稿

プロフィール

フォトアルバム

正しい歴史を考える会

誤った歴史認識や教育が多い今こそ、私共の経験と知識とを基に、正しく歴史を考え主張し、若い世代を主対象に判りやすく語りかけて、後世に伝えたいと思って居ります。