« 2014年6月 | メイン | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月 7日 (月)

大東亜戦争全国戦没者慰霊祭参加報告と7月7日で想うこと

今日は昭和12年に盧溝橋事件が起こった日で、小生は大邱公立中学校1年生であった。スターリン・中国共産党の策略にはめられた日本と蒋介石政権とはお互いが不信に陥り、支那事変に拡大し、遂には大東亜戦争へとなった肝に銘ずべき日である。
大邱中学校の隣が歩兵第80聯隊(当時第20師団に属し、国内では最後の番号の歩兵聯隊であった)なので、忽ち出征が始まり、日々戦時色が濃くなった。
その影響もあって、中学5年を待たず、4年から陸士を受験して合格したので入校・卒業して軍人となった訳でもあります。

本年も7月5日には靖国神社で定例の大東亜戦争全国戦没者慰霊祭(平成26年度)式典が行われた。私も福岡県偕行会会長及び陸士57期生会員として出席しました。
羽田空港から靖国神社へと直行したので11時の受付時間前に到着し、有志の方々と面談し乍ら12時の開会を待った。
我が陸士57期生は約2,300人 も居たが、地上兵科と航空科とに分かれ、更に各兵種に分かれるのだが、部隊の数が多いので全部の部隊には行き渡らなかったが、激戦地の部隊へは重点的に配置した為、当然フィリピン・ビルマ等々では多数の戦死者が出たし、航空では戦闘機隊では消耗が多く、地上兵科から450名程が航空科へ転じて戦ったが、特攻隊にも主として隊長として約100名が散った。合計で3分の1の約800人の戦死者を出した期であるので思い入れは深い。
参集殿大広間での式典の後、更に奥の間に昇殿参拝をし、各集団の代表と共に玉串奉奠を行い、いつもそうであるのだが、正面の大鏡の前では誠に身が引き締まり、心から御冥福をお祈りした次第です。
この会も実戦経験者は数少なくなってきました。(陸士卒では我々陸軍中尉の57期が最終で、以後の期は58期は少尉に任官早々で、59期から61期生はまだ在学中でした。)

大東亜戦争(太平洋戦争では無い)では陸軍は決戦を出来ないままに終戦となりました。
満洲でも無法国家ソ連が協定を反古にして勝手に攻め入り、我軍が計画していた決戦の前に大命が下って終戦となった。大命拳々服膺したのです。それが仇となって在満邦人の保護も出来ず、約60万の軍人は無謀なソ連軍にシベリアの奥地に連れ去られた上、虐待と重労働を課せられて、1割の方々は望境の念にかられつつ亡くなったのです。
アメリカは非人道的な原爆を広島・長崎に投じ、数十万人を虐殺したのです。
昔から武力を持った白人に侵略されて、その圧政に呻吟していたアジアの人々や有色人種は、日露戦争以来の日本の立ち上がった姿を見て目を覚まして立上り、すべて独立して白人達と対等になりました。
毎日の世界の報道を見て下さい。よく判るでしょう。    以上


プロフィール

フォトアルバム

正しい歴史を考える会

誤った歴史認識や教育が多い今こそ、私共の経験と知識とを基に、正しく歴史を考え主張し、若い世代を主対象に判りやすく語りかけて、後世に伝えたいと思って居ります。