« 2011年6月 | メイン | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月30日 (金)

年末に想う (その2)

晦日となり、朝 市内の車は減り、通勤はスイスイと。
今度の大災に対しての自衛隊の活動は素早く、且つ整々と、人命救助・災害処理等に力一杯努力した事は高く評価され、国民も等しく共感を持った。警察・消防等の方々も尽力されました。この非常の際に自らも危険にさらされ乍ら、市民の方の退避を優先された公共施設の方々の行為は涙なくしては語れません。

ところで、自衛隊は軍隊ではありませんね。戦前であればこういう場合は戒厳令が発せられ、軍隊は同じように人助救助に努力はした筈です。ただし社会秩序の維持や警備の面も大きかったと思います。軍の主とするところは戦闘と明示されていました。
今回はどうでしょうか? 危険な隣国ロシア・中国の動きはどうだったのでしょうか? 尖閣や北方での隣国の動きも報じられました。自衛隊も米軍も対応してくれたので事無きを得ましたね。然し、最高指揮官は日本では総理大臣です。果たして彼の念頭にこの危機感があったのでしょうか? 災害現場に自ら出掛けて叱咤激励をしたそうですが、これが総理の仕事でしょうか? 今後も大きな不安が残ります。

次ぎに昨29日からは消費税を10%に上げる事で民主党内でも大騒ぎがありました。期間をおいて5%から10%にするという事ですから、物価は5%上がりますよね。予算は最大の大赤字の素案が出て居ります。どうなるのでしょう。こんな赤字の垂れ流しでよいのですか。
小学生でも判る10-20=-10の計算は、皆判って居るのに、それでも強行するのが国家ですか。これも「平和ボケ」でしょう。

原発だって核の予備兵力という考えもありますね。原発一斉停止により電力不足で工場への配電も減らすのですか? 当分は原発は必要と思います。省エネも必要です。
一番になる必要はないという大臣も居る中で、技術立国・円高輸出等々問題の多い年でした。明日で本年は終わります。御苦労様でした。新年も宜敷く。

2011年12月28日 (水)

年末に想う

早いものでもう平成23年も暮れようとしている。今年で第一に特記するのは東日本の大災害であるのは論を待たない。科学の進歩によってあのすさまじい大津波の実況が繰り返し報道され、眼に焼き付いている。
大地震と福島原発の事故と共に、多数の亡くなられた方と未だ行方不明の方が居られる事に御冥福をお祈りすると共に、仮住まいで厳しい冬と闘って居られる方の御苦労を思うと、本当に心が痛みます。

本年3月の「福岡偕行会」総会で、順番ではないが止むを得ず会長の役を引き受けました。多数の会員全員に今後在会希望の有る方で会費年3,000円の入金確認を行って、約160名の在籍を確認し、更に前年から北九州偕行会は解散をして居たので、希望者は当会に入会をと呼び掛けたところ、約15名が参加され、総勢約175名となりました。そこで、会の名称も『県』を入れて「福岡県偕行会」』と変更しました(臨時総会による)。http://www3.coara.or.jp/~kaikou/

尚、久留米・大牟田方面には筑後偕行会が以前からありますが、こちらはそのままです。ここの主力は陸自幹部候補生学校もある関係で、自衛隊OBが会員の主力となって居ります。

私の方針の基本は、国内外を問わず、かつての輝かしい日本陸軍の名誉を回復し、その伝統を引き継いで日本を守る精神を高揚したいという事です。明治維新による創軍以来、日清・日露・シベリア・第一次世界大戦・満洲・支那と各事変を経過し、遂に大東亜戦争に突入しました。この大東亜戦争ですが、NHK始めマスコミと、時には政府報道機関もこの大戦を「太平洋戦争」と言う人が多いが、私はこの言い方によって正しい日本人か非日本人か判断をする事にして居ります。
我が陸軍は「大東亜戦争」を戦ったのであります。陸軍は本格的な戦闘では敗れては居りませんでした。私も負けたと思っては居りません。国家としては敗戦となり、その責を負って陸軍大臣の阿南さんは自決され、多数の陸軍高官から兵隊さんに至る方々も自決されました。米国を筆頭とする連合国軍に占領され、徹底的に解体をされ、東京裁判なるもので日本は侵略国家とされました。良書は焼かれ、良き伝統は壊され、教育はすべてアメリカ側の都合の良い様に日教組の支配下に置かれ、皇室すら危ういという状況で、多くの宮家も臣下に降下されました。
だが、私は「太平洋戦争」を戦った覚えはありません。「大東亜戦争」に命をかけて戦ったのです。平和を守る為に戦ったのではありません。勝つ為に戦ったのです。その為に訓練を重ねたのであります。
日本では今は「平和、平和」と何でも平和が目的で最大の事となった様です。これを「平和ボケ」と言って日本独特のものです。これから派生する欠点が充満している日本です。
新年からの新目標はこの「平和日本人」に対して我々「本来の日本人」とがどう闘うかという事と思います。

2011年12月 1日 (木)

「正しい歴史を考える会」第32回例会(忘年会)の御案内

今年も早いものであと1ヶ月となりました。
会員の皆様方には既に御連絡済ですが、本23年度の忘年会を下記のとおり行います。
御連絡が未だの方は早めに事務局まで御連絡下さい。
また、会員以外の方で参加御希望の方が居られましたらお気軽に御連絡下さい。

  *日時  平成23年12月13日(火)15時~18時

  *場所  福岡国際ホール 大ホールA
         福岡市中央区天神1-4-1 西日本新聞会館16階
          ※福岡市、天神の大丸デパートの上です          
            TEL 092-712-8855
 
   ◎行事の内 15時から講演を1時間行います。

     講演者 57期 皆本義博氏(会長の友人で陸士同期57期生)
            (沖縄方面海上特攻の挺進隊中隊長/埼玉県在)
      題   『沖縄戦における陸軍の海上特攻』

     ※講演だけの出席も可(お一人1,000円いただきます)

 ※わざわざ埼玉よりお出で下さり貴重なお話をされますので、是非多数の
   御参加をお待ちしております。(知人同伴も可)
   尚、当日は菅原会長が会長を務める「福岡県偕行会」も一緒に話を聞き
   合同で忘年会を行いますが、テーブルは別々として居ります。
  

  正しい歴史を考える会事務局 TEL 092-412-3979
                     メール sugahara@elf.coara.or.jp

        

プロフィール

フォトアルバム

正しい歴史を考える会

誤った歴史認識や教育が多い今こそ、私共の経験と知識とを基に、正しく歴史を考え主張し、若い世代を主対象に判りやすく語りかけて、後世に伝えたいと思って居ります。