« ホームページ「かわら版」更新しました | メイン | 「正しい歴史を考える会」第32回例会(忘年会)の御案内 »

2011年6月23日 (木)

6月23日に想う

本日は沖縄慰霊の日である。
大東亜戦争の後半期に日本の国土である沖縄に、昭和20年4月1日から優勢な米軍が上陸を開始した。既に海上兵力の殆どを失って居た我が海軍は阻止する事は出来なかった。且つ、大本営陸軍部は敵が台湾を目指すかも知れないと案じて、劣勢の台湾陸軍へ沖縄に布陣した1個師団を抜いて廻し、穴埋めは支那戦線から移動するつもりでいたが、米海軍、特に潜水艦の抜コの為実現出来ない内に敵を迎えたのであった。この為2ヶ師団主力となって、3分の2に減った現地第32軍は海岸で阻止する作戦は採らなかったのである。普天間に続く丘陵に布陣していた京都師団では、海軍の実情を知らされてなかったので、望遠鏡で敵の上陸を見ながら「連合艦隊は何をしているのか?」と不思議がったと言われている。

一般人である沖縄県民も北部への疎開や内地への引き揚げがはかどらい内への、敵の上陸攻勢に戸惑い乍らも軍に協力をした。各学校上級生は実行部隊を編成したり看護係として戦った。中には太田氏他3名の如く最終段階では逃亡した者も居たが、大部分の方々は勇戦奮闘した。その為多くの民間人の戦死や負傷者が続出したのであった。

補給や補強がない島での戦闘では、結果は明白である。さしもの日本陸軍も軍としての組織的戦闘は6月23日 牛島軍司令官・長参謀長以下の自決により終了したとされ、戦後はこの日をもって沖縄糸満市の平和慰霊公園で【沖縄全戦没者追悼式】が毎年行われるのである。

世界の恒久平和を願うのは当然であるが、我々としては平和の裏には「国を護る為には死をも恐れず断固として戦うぞという強い精神力と実行力とがなければならない」という事を覚悟しなければならない。

コメント

コメントを投稿

プロフィール

フォトアルバム

正しい歴史を考える会

誤った歴史認識や教育が多い今こそ、私共の経験と知識とを基に、正しく歴史を考え主張し、若い世代を主対象に判りやすく語りかけて、後世に伝えたいと思って居ります。