« 2007年9月 | メイン | 2008年4月 »

2007年11月

2007年11月13日 (火)

第12回例会(忘年会)の御案内

早いもので今年もあと1ヶ月半となりました。
次回の第12回例会は、忘年会を兼ねて下記の通り計画しましたので御案内申し上げます。
会合の多い頃とは思いますが、何卒ご都合をつけて皆様がご参加下さる事を期待してお待ちして居ります。
会員以外の方のご参加も歓迎いたしますので、このホームページをご覧になられて参加御希望の方はどうぞ当方事務局までご連絡下さい。
楽しい年末とすべく、宜しくお願い致します。         
   
   ■「正しい歴史を考える会」第12回例会(今回は忘年会)
      
        1.月日 平成19年12月21日(金)
      
        2.時間 17時30分~19時30分
      
        3.場所 福岡国際ホール 宝満の間
                福岡市中央区天神1-4-1 西日本新聞会館16階
                 (福岡天神の博多大丸デパートのビルです)
                  TEL 092-712-8855
      
        4.「卓話」は皆様の今年を振り返っての所感や、来年の見通し等を自由談義ではいかがでしょうか。

        5.当日会費 5,000円
      
      ※準備の都合上 御出席いただける方は事務局までご連絡をお願い致します。

     【正しい歴史を考える会事務局】 E-mail sugahara@elf.coara.or.jp

     

2007年11月 1日 (木)

天皇皇后両陛下奉迎提灯行列

10月29日の天皇皇后両陛下奉迎提灯行列に約5,000人が参加!

              知事、県議会議長、市長、市議会議長が祝辞

■当初の予想3,000人を大幅に上回る参加がありました。

10月29日、天皇皇后両陛下におかれましては15年ぶりに本県へ行幸啓になりました。約1ヶ月に亙って準備して参りました天皇皇后両陛下奉迎提灯行列は、日本会議福岡が主導して諸団体並びに多数の関係者のご協力と市有力企業の協賛もあり盛り上がり、当初の予想の3,000人を6割以上も上回る約5,000人の県民が参加する大提灯行列となりました。(3,500個の提灯と1,000本の日の丸の小旗でも足りず。)

 午前中は小雨もみられ天候が心配されましたが徐々に回復し、昼間強かった風も夕方には大分おさまりました。舞台や横断幕と大国旗(2m×3m)を掲揚する足場は当社(㈱未来図建設)が朝から設営し立派なものが用意されて居りまして、記念写真を撮る人も多く居られました。16時30分を過ぎた頃から次第に参加者が増えたので、出発式も10分繰り上げて18時20分に実施致しました。

 最初に西高辻副会長(神社庁長)より力強い開式宣言があり、国旗敬礼、国歌斉唱と続き、田中会長より各界関係者へのご協力の御礼と両陛下の御慰問に対する感謝の言葉が述べられました。続いて26名の来賓の方々のご紹介があり、祝辞は麻生県知事、貞末県議会議長、吉田市長、川口市議会議長の4名より行われました。かもめ広場で両陛下が19世帯42人一人ひとりにお声をかけられているご様子や、その光景に感激したお話、更には玄海島の完全な復興へ決意を新たにした思いが語られ、両陛下の今回の御慰問に心からの感謝の辞が述べられました。この後、河部名誉顧問(福岡商工会議所会頭)の先導で「天皇皇后両陛下万歳」が声高らかに三唱され、山本実行委員長の閉式の辞で50分に亙る出発式が終了しました。

 間もなく参加者に提灯への点灯が呼び掛けられ、19時20分、菅原副会長の「出発」という大音声で、県知事・田中会長・川合名誉顧問、西高辻副会長を先頭にボーイスカウト・第一梯団が続き、「ふれあい広場」を出発致しました。歩道や車道では「天皇陛下万歳」の発声とともに提灯を高く掲げ、約1㎞に亙る行進を行いました。
流れ解散をしたのですが、電気ビル前では、お泊まりのホテルニューオータニに向かって国歌斉唱や万歳三唱が繰り返され、先頭が電気ビルに到着したのが19時40分、最終の第6梯団が到着したのが20時40分。全ての参加者が解散するまでに1時間以上もかかる大提灯行列となりました。跡片付担当や設営担当者(当社)は、その後21時30分まで解体跡片付けを行いました。

この様子はマスコミや新聞には殆ど報じられなかったのは当事者としては残念な思いでした。30日・31日の行事については報道された通りです。要所々々では当方が配布した日の丸の小旗を打ち振る県民の姿が見られました。

主催者の予想を遙かに上回る参加者でしたので、お申し込みをされた方や遠くから来られた方で提灯がお受取りになれずに残念な思いをされた方も多数おられたことと思います。一言お詫び申し上げます。   以上

天皇皇后両陛下福岡奉迎委員会 会長代行  菅 原 道 之

 

プロフィール

フォトアルバム

正しい歴史を考える会

誤った歴史認識や教育が多い今こそ、私共の経験と知識とを基に、正しく歴史を考え主張し、若い世代を主対象に判りやすく語りかけて、後世に伝えたいと思って居ります。